あきた多ウソ情報 シンゴジラ岩

欠刊あきた多ウソ情報は秋田に関する捏造記事と憶測情報のみで構成されています。

 

 あきた多ウソ情報 » 社会

「全国最後ではない。秋田県は大トリ」有識者は語る
「全国最後ではない。秋田県は大トリ」有識者は語る

 「なぜ秋田県は47都道府県中、いつも一番最後の出店になるのか?」長年の疑問を解決するため、我々は専門家に詳しい話を聞いた。

 

 「全国で一番最後、と言うから聞こえが悪いだけ。実は秋田県は『大トリ』を飾っているのです」

 

 そう語るのは、秋田市在住の大鳥 彩悟(おおとり さいご)さん(47歳)。この業界に詳しいジャーナリストだ。

 

 「考えてみてください。紅白歌合戦で一番最後に歌うのは、誰もが知っている大物歌手。落語で一番最後に壇上に上がるのは、『真打ち』と呼ばれる熟練の噺家です」

 

 「秋田県には『第一号店』『東北初出店』などという前座仕事はとてもさせられない。それは若手芸人の役目です。秋田県こそ、満を持して最後に登場する『大トリ』にふさわしい県なのですよ」と大鳥さんは話す。

 

 秋田県には強力なライバルも多い。スターバックスコーヒーは鳥取県、コメダ珈琲店は青森県が大トリを飾った。しかし47都道府県を制覇していない全国チェーン店がある限り、大トリの座をかけた戦いはこれからも続いていく。

 

 2018年には有名店『いきなりステーキ』で、47都道府県中47番目の出店という見事な「大トリ」を飾った秋田県。今年の6月1日には『乃が美』の出店でも「大トリ」を飾る予定だ。

 

 

 

 

 

 

 

前の記事へ

欠刊あきた多ウソ情報    Copyright 2020 AKITA TAUSO JOHO All Rights Reserved.